読経

うつ病

昔の精神医療はお寺で行われていた。

現代の精神医療が出来る前はお寺がその役割を担ってきました。今回の記事はお寺での精神医療はどのように治療してきたのかを紐解いてみます。 お寺が関与していた精神医療 うつ病が社会問題化している昨今、精神科だけではなく敷居を低くし通...
うつ病

読経の効果

昨今仏教をベースにしたうつ病予防法であるマインドフルネスが流行しています。仏教哲学や瞑想法などが見直されているわけですが、ネット上で読経がうつ病に効果があると噂になっているようです。某巨大掲示板にもそのようなスレッドがあったり、「うつ病 ...
ノルアドレナリン

ノルアドレナリンを分泌させて寝坊しない脳を作る

朝覚醒感が無く寝坊してしまう場合ノルアドレナリンの不足が考えられます。
ドーパミン

精進潔斎でドーパミンリセット

修験者は修行で山に入る前に精進潔斎(しょうじんけっさい)と言って肉や魚など動物性のものを食べない期間を設けます。これは一見ヴィーガン菜食主義の動物愛護の精神と誤解をされがちです。これは実は動物愛護とはあまり関係なく修行に適した煩悩が働きに...
修行

読経の効果が無いと言う人

読経をやっても効果がないと思う方がたまにいらっしゃいます。効果を感じて続ける方がのほうが多いですが感じない方もいるようです。その場合「効果」の定義が間違っている場合が多いようです。 他人を変える事は出来ない、変えることが出来るのは自...
仏教

瞑想としての真言読誦

昨今マインドフルネスをはじめ瞑想が見直されています。それは座禅をベースにした瞑想法です我が国では座禅よりもポピュラーな瞑想法があります。繰り返し唱える瞑想、真言や念仏そしてお題目を唱える瞑想方法です。座禅にせよ瞑想全般は何も考えない事に意...
仏教

真言、念仏、お題目は瞑想です。

仏教徒は毎日お経を唱えます、それを勤行(ごんぎょう)ですとか、お勤めと呼びます。そしてお経の後には真言や念仏またはお題目を唱えます。真言、念仏、お題目、宗派によって異なりますが短いフレーズの繰り返しが共通しています。この繰り返し唱える修行...
読経

三毒とは三大神経伝達物質のこと

三毒について 昔作るところの諸々の悪業は無始以来の貪瞋痴よるものなり 多くの宗派で唱えられる懺悔文の前半の意訳です。因果から考えれば悪業が悪果をもたらすものですがその悪業の原因は三毒と呼ばれる代表的な煩悩、貪瞋痴がそれ引き起こ...