脳科学

うつ病

昔の精神医療はお寺で行われていた。

現代の精神医療が出来る前はお寺がその役割を担ってきました。今回の記事はお寺での精神医療はどのように治療してきたのかを紐解いてみます。 お寺が関与していた精神医療 うつ病が社会問題化している昨今、精神科だけではなく敷居を低くし通...
うつ病

読経の効果

昨今仏教をベースにしたうつ病予防法であるマインドフルネスが流行しています。仏教哲学や瞑想法などが見直されているわけですが、ネット上で読経がうつ病に効果があると噂になっているようです。某巨大掲示板にもそのようなスレッドがあったり、「うつ病 ...
セロトニン

呼吸に意識を向けて過呼吸の抜け出し方を覚える

パニック障害の症状で過呼吸があります。精神と呼吸が連動している例とも言えます。 正しい呼吸を身につけて精神を安定させましょう。
セロトニン

仏教徒はどのようにセロトニンを増やしているのか?

セロトニン活動と言う言葉が流行っています。幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンを増やす活動と言う意味のようです。仏教の修行ではセロトニンを効率良く分泌させる方法があります。
ドーパミン

ケチはドーパミンの異常分泌を招く、慳貪の話

出し惜しみすることは慳貪と言う煩悩です。煩悩とは心を病ませる原因、なぜケチな人は心を病んでしまうのかの考察です。
ノルアドレナリン

怒らない脳を作る仏教的アンガーマネージメント

仏教では怒りは代表的な煩悩とされています。仏教の方法で効率よくアンガーマネージメント!
ノルアドレナリン

ノルアドレナリンを分泌させて寝坊しない脳を作る

朝覚醒感が無く寝坊してしまう場合ノルアドレナリンの不足が考えられます。
ノルアドレナリン

車の運転で怒り出す人々

昔から車を運転すると人が変わったように暴言を吐きながら乱暴な運転をする人がいます。普段は蚊も殺さないようなおとなしい人が豹変する姿に驚くとともになぜその様になるのか不思議に思うのではないでしょうか?今回の記事はその脳科学的メカニズムの考察...
ドーパミン

ドーパミンを増やして無気力感を脱する

ドーパミンと聞きますとニヤッとしながら「脳内麻薬?」と言う人がいますが少し勉強してみましょう。「精進潔斎でドーパミンリセット」の記事ではドーパミンが過剰の場合のお話でした。今回の記事は逆に少ない場合どうなるのか?更にはその対処法を記事にし...
ドーパミン

精進潔斎でドーパミンリセット

修験者は修行で山に入る前に精進潔斎(しょうじんけっさい)と言って肉や魚など動物性のものを食べない期間を設けます。これは一見ヴィーガン菜食主義の動物愛護の精神と誤解をされがちです。これは実は動物愛護とはあまり関係なく修行に適した煩悩が働きに...